• 伝兵衛蔵 オンラインショップ
  • 傳藏院蔵
  • 金山蔵
  • 金山蔵 オンラインショップ
  • 濵田酒造

denbeegura dayori 伝兵衛蔵だより

2015/07/13

伝兵衛蔵だより # 35

市来で咲いた都のタネとは!?

200年以上続く、市来の夏の風物詩

denbee35_1.jpg

時は文化9年、西暦にして1812年。いちき串木野市の湊町に八坂神社が建立される際に、神社建立を祝うために、町の有力者たちが京都の祇園祭を見学。都のお手本に、商港、宿場町の活気を重ねて『市来湊祇園祭』が始まりました。その年から200年以上続く伝統の祭りは、喧噪で活発な男山と、優雅で妖艶な女山のコントラストの妙で全国でも著名な祇園祭になっています。今年もいよいよ8月1日(土)に開催。その前日には前夜祭も行われます。


町中が祭りの熱気に包まれる2日間。

denbee35_2.jpg

日本史に登場する偉人や伝説をモチーフにして、きらびやかな装飾が施された計4台の男山と女山の山車。高さ5メートルの二階建ての山車は、全国でもとても珍しいものです。「ナイチョ、ナイチョ」の掛け声で盛り上がる男山の加藤山と天神山。しっとりとした雰囲気の女山、龍宮山と道風山。町中が祭りの熱気に包まれるいちき串木野の祇園祭は、昔から住民たちに『おぎおんさぁ』と呼ばれて愛され、親しまれています。

denbee35_3-4.jpg

八坂神社を中心に、町を練り歩く4台の山車や神輿たち。その合間には、みんながこの日のために練習した踊りやパフォーマンスも披露されます。また、同日夜には、市来の吹上山荘(ふれあい温泉センター)裏大里河川敷広場で、『サマーフェスタin市来』も開催され、ステージショーや各種の夜店、地元特産品の出展、抽選会などお楽しみがいっぱい。クライマックスは東シナ海をバックに打ち上げられる花火で、夏の夜が華麗に盛り上がります。


denbee35_5-6.jpg

いちき串木野市の夏の伝統行事『市来湊祇園祭』と『サマーフェスタin市来』の開催は8月1日(土)。それに先立つ7月31日(金)には、夕方から夜まで濵田屋伝兵衛蔵(国道3号沿い市来郵便局横)で前夜祭が行われます。翌日朝には祇園祭がスタート。午後からは、濵田屋伝兵衛駐車場にてイベント。その後、湊町地区を祇園山車が巡行した後、夕方、八坂神社祭典で祇園祭りは終焉。サマーフェスタにバトンを託します。

denbee35_7.jpg

 毎年、祇園祭のメインステージになっている濵田屋伝兵衛蔵では、例年、各種の踊りやタレントさんのステージなどで盛り上がります。地域を代表して山車に乗る子どもたちの「ハーイーヤーオー」の元気な掛け声。真剣な表情でかねや太鼓を打ち鳴らす凛々しい姿…。当日、濵田屋伝兵衛蔵では思い切り冷たくした振る舞い焼酎もご用意しています。祭りの1日をどうぞ心行くまでお楽しみください。


Information

市来串木野祇園祭

開催日 : 平成27年8月1日(土)

場所 : 湊町地域

TEL : 0996-21-5128(いちき串木野社会教育課)

アクセス : JR鹿児島本線「串木野駅」または「神村学園前駅」より、タクシーで約5分

 

サマーフェスタin市来

開催日 : 平成27年8月1日(土)

場所 : ふれあい温泉センター裏大里河川敷広場

TEL : 0996-21-5128(いちき串木野社会教育課)

アクセス : JR鹿児島本線「串木野駅」または「神村学園前駅」より、タクシーで約5分

Copyright © 2019 hamadasyuzou
ALL Rights Reserved.