トップ> 伝兵衛蔵TOP > 伝兵衛蔵だより > クラフトビールは列島の南から進化する

伝兵衛蔵だより#39

クラフトビールは列島の南から進化する

焼酎蔵がビアガーデンと化した夏の夜の夢

2015/09/08

denbee39_1.jpg

2015年の春、地ビール・黒ビール・完熟梅発泡酒のトリオで新発売され、猛暑の中、たくさんのリピーターたちに愛された伝兵衛蔵クラフトビール。お客さまのご愛顧に感謝して、伝兵衛蔵では「伝兵衛蔵クラフトビール祭り」を開催。たくさんのクラフトビール・ファン、焼酎ファンの方々で賑わいました。いつもは、本格焼酎で乾杯する鹿児島の人たちも、この日だけはキンキンに冷えたクラフトビールで乾杯!


クラフトビールと焼酎に酔う真夏の祭典。

denbee39_2.jpg

伝兵衛蔵のイベント広場に集まった方は約190名。いちき串木野市にお勤めの企業からの団体や個人の方、中には、鹿児島市内からJRで駆け付けたファンの方もいらっしゃいました。この日は、3種類のクラフトビールのほか、芋焼酎海童や海童スパークリングなど、蔵元おすすめの焼酎やカクテルが飲み放題。クラフトビールの爽やかな酔いのおかげで、会場はやがて和やかな空気に包まれていきました。

denbee39_3.jpg

クラフトビール祭りの受付が始まったのは夕方の6時。毎年、この瞬間を楽しみにして来てくれるファンの方たちもたくさんいます。週末の金曜日でしたから、ほとんどの方が仕事帰りにそのまま駆け付けてくれました。女性の方の参加も多く、会場のあちらこちらから聞こえてくる乾杯の声、そして、皆さんの笑顔が印象的です。

denbee39_4.jpg

この日、会場に用意されたのはお酒だけではありません。健康的に楽しくお酒を楽しむための料理も…。前菜盛り合わせから、各種のサラダや焼き物、揚げ物の盛り合わせ、ピザやパスタ、ひとくちおにぎり、おでんやフルーツまで盛り沢山。もちろん、いちき串木野市名産のできたてのさつま揚げも! 思い思いの肴と、思い思いのお酒を手に持ち、伝兵衛蔵のイベント広場は心地良い酔いの中で、少しずつ時間が過ぎていきます。

denbee39_5.jpg

そして、東シナ海に夕陽が沈みかける頃には、お待ちかねのライブがスタート。若松さなえさんによるフォークの弾き語りは、お得意の松山千春さんのカバーのほか、お馴染みのヒット曲がたくさん。だんだん盛り上がって来たお客さんたちのリクエストで、地元のヒーロー長渕剛さんの名曲が飛び出す頃には会場は興奮状態。最後には、ステージに上がり始めるお客さまたちも現れて大合唱。シンガーも、観客もひとつになって、あっという間の1時間。恒例になった伝兵衛蔵のクラフトビール祭り、来年はぜひ熱いご参加をお待ちしています。

> 伝兵衛蔵だより一覧に戻る

Copyright © 2018 hamadasyuzou
ALL Rights Reserved.