1. トップ>
  2. 傳藏院蔵TOP>
  3. Kaido Ocean Children>
  4. No.130 大倉 浩司 さん

Kaido Ocean Children 130

「お酒は大好きですが、飲み過ぎると翌日の仕事に影響するのでほどほどに(笑)。
海童はロックor水割り派です」
http://www.raw-hair-design.jp

【ビーチタウンのRaw(=粋)な空間】

大倉 浩司 さん

中学時代は坊主の野球少年。引退して初めて行った美容室で「ピンクのロン毛のお兄ちゃん」に髪を切ってもらい、「こんな格好でできる仕事もあるんだ」と衝撃を受ける。そして高校卒業後、自らも美容師の道へ。なぜなら「スーツを着る仕事はしたくない」、「自分のお店を持ちたい」という2大条件を満たす職業だったから。「当時はたいした志もなかったんです」と笑う。

横浜と代官山で経験を積み、8年前、茅ヶ崎の海の近くに自らのサロン「Raw」をオープン。最近は、日々お客様を担当しつつ、定休日にはカットスクールの講師をこなし、さらに「朝方までカットの研究に没頭してしまうこともある」という多忙な大倉さん。近い将来の目標を「スタッフが楽しく働ける環境づくり」と答えるほどスタッフ思いのオーナーでもあり、自分の趣味はつい後回しになりがちだ。

その趣味とは、20年間続けてきたサーフィン。「前は台風が来たら朝4時に起きて、1ラウンドやってから出勤、なんてこともしてましたけど、今は睡眠時間の確保が優先(笑)。波乗りは月に何度か行く程度です」。講師の仕事が一段落したら、また回数を増やしたいと語る。

プライベートでは、2児の父でもある大倉さん。去年の夏休みは家族を連れて2泊3日のサーフキャンプへ行ったとか。「この夏も?」と尋ねると、「みんな海は飽きたみたいで、今年は山になりそうです」と苦笑。海が日常にある家族ならではの贅沢な選択だ。