トップ> 金山蔵TOP > 金山蔵だより > パワーあふれる「戦国島津」の世界

金山蔵だより#87

パワーあふれる「戦国島津」の世界

「島津義弘公没400年」に想いを馳せる

2019/04/16

薩摩の歴史を語る時、戦国時代が好きな人なら、島津義弘公の名を挙げる方も多いことでしょう。彼が先陣を切って臨んだ1600年の関ヶ原の戦いの中で、敵中を突破した「島津の退き口」は、今日でも、戦国島津の歴史に欠かせない武勇伝として知られています。

今年は、「島津義弘公没400年」を迎えるメモリアルイヤーとして、今回の蔵だよりでは、戦国島津関連の観光スポットを幾つかご紹介したいと思います。

(JR伊集院駅前の島津義弘公の銅像)

 

【精矛神社】※くわしほこじんじゃと読みます。

(神々しさを感じる鳥居)

島津義弘公を祀る神社。社名の精矛は義弘公の神号・精矛厳建雄命(くわしほこいつたけおのみこと)から名付けられています。境内には、文禄の役の際に持ち帰った手洗鉢や石臼などもあります。焼酎蔵「薩摩金山蔵」の坑洞内にある薩摩開運神社は、この精矛神社から分祀されたものです。

精矛神社:姶良市加治木町日木山31

 

【伊作(亀丸)城跡】

(神秘的な空気の漂う城跡)

この城跡は、「戦国島津はじまりの地」と呼ばれています。戦国乱世の時代、弱体化していた島津本家は有力な分家である伊作(いざく)家の忠良(ただよし)の子・貴久を本家後継者として迎えます。他の有力分家からの反発もありましたが、忠良・貴久父子は、本家当主の座を巡る争いに勝利して、戦国大名として島津家は生まれ変わりました。

この伊作城は、薩摩藩の基礎を築いた戦国島津の居城であり、江戸時代以降、薩摩の聖地とされました。この城で産まれたとされる島津善久(忠義の父)・忠良娘2名・忠将(貴久弟)・尚久(貴久弟)、そして、四兄弟(義久・義弘・歳久・家久)の誕生石が本丸・亀丸城跡に置かれています。

伊作(亀丸)城跡:鹿児島県日置市吹上町中原3471

 

【吹上歴史民俗資料館】

(戦国島津の世界観に浸れる資料館)

関ヶ原の戦いの中、島津義弘率いる島津軍がどのようにして薩摩を目指して退路を切り開いたのか、その当時の様子が頭に描けるほど、展示物に詳細が記載されています。以下、一部抜粋。

「島津家は石田三成が指揮する西軍に加わりましたが、徐々に西軍の大名が離脱していきました。また前哨戦の際、三成が連絡して撤退したため、島津軍は取り残されてしまい、三成に対する不信感が募ります。本国からの増兵も滞る中、島津義弘たちは決戦を迎えることになりました。…情勢は、南西に陣を敷いていた小早川秀秋の大軍が徳川家康率いる東軍に寝返ったことで大きく変化します…」

といったように、緊迫感あふれる様子が非常にわかりやすい表現で説明展示されています。
小難しい書物を読むよりも深く理解でき、さらに当時の武具なども展示されており、戦国島津の歴史について知りたい方にはおすすめの資料館です。

吹上歴史民俗資料館:鹿児島県日置市吹上町中原

 

【大汝牟遅神社】※おおなむちじんじゃと読みます。

(大汝牟遅神社の境内)

戦国島津の尊崇を集めた神社で現在でも続く流鏑馬(やぶさめ)は、島津忠良が始めたものと言われています。「流鏑馬(やぶさめ)」とは、疾走する馬にまたがり、的を狙って次々と射掛けるものです。1538年12月29日の加世田城攻めに勝利した忠良は、以後毎年、「流鏑馬」を奉納したと言われ、現代でも秋の大祭(11月23日)で奉納され続けています。

大汝牟遅神社:日置市吹上町中原東宮内2263

 

【天昌寺跡】

(隠れた英雄、豊久の墓)

関ヶ原の戦いで伯父の島津義弘を守って戦死した島津豊久の墓があります。歴史の教科書にも触れられていないこの史実は、全国の戦国島津ファンの間で語り継がれ、漫画の主人公として登場するなど、時代を超えて愛される薩摩の偉人伝のひとつです。

天昌寺跡:日置市吹上町永吉14884-6

 

【薩摩開運神社】

(坑洞内に祀られているパワースポット)

生涯で50回以上の出陣を重ね、島津家の勢力拡大に大きく貢献し、関ヶ原の戦いから帰還した強運の持ち主である島津義弘公を祀った神社。焼酎蔵「薩摩金山蔵」の坑洞内にあります。薩摩藩の財政を支えた、串木野鉱山の中に建てられたこともあり、金運スポットとしても知られ、国内外から、その強運と金運にあやかりたいと多くの観光客が訪れています。

焼酎蔵「薩摩金山蔵」:いちき串木野市野下13665


Information
■焼酎蔵「薩摩金山蔵」の詳細についてはこちら

お問合せ先:焼酎蔵 薩摩金山蔵
TEL0996-21-2110 (10:00~17:00、火曜定休)

■島津豊久生誕祭
日時:2019年6月8日(土)・9日(日)
場所:いちき串木野市 麓地区 串木野城址一帯にて開催
主催:いちき串木野市総合案内所
お問合せ先:0996-32-5256

> 金山蔵だより一覧に戻る

Copyright © 2018 hamadasyuzou
ALL Rights Reserved.