だいやめ DAIYAME

Scroll

鹿児島から世界へ。
新たに世界中の
バーテンダーや
ミクソロジスト、
スピリッツ愛好家の
ために新たに設計された
DAIYAME 40。

本格焼酎 「だいやめ〜DAIYAME〜」は、2018年の創業150周年を
機に、「未踏の香り」をコンセプトとし、業界の次代を担う本格焼酎を目指し発売された拘りの逸品です。
当社独自の「香熟製法」で仕込み、アルザス地方のワインを
想起させる「ライチのような香り」は国境を越え、世界でも高く評価されています。
そんなDAIYAMEシリーズに、新たに度数を「40度」に設計したDAIYAME 40の登場です。

製品情報

本格芋焼酎「DAIYAME 40(フォーティ)」は、カクテル素材としての可能性を広げるために、40度に設計しています。香味成分が豊富に含まれ、華やかなで力強いライチのような香りを存分に堪能でき、飲んだ後に長い余韻を味わえることから、バーテンダーやミクソロジストの創造力を掻き立てる酒質を目指しました。

製品名
DAIYAME 40
種類
本格芋焼酎
アルコール分
40度
内容量
700mL
原材料名
さつまいも(鹿児島県産)・
米麹(国産米・黒麹)
味わい
キレ、シャープ、甘み
香り
芳醇、フローラル
輸出開始時期
2021年7月より順次展開予定

※現時点で国内販売予定はございません。

レストランPIC(3つ星)グループ トップソムリエ パズ・ルバンソン氏からのコメント

色調は、透明、クリア、沈殿物はなし。香りはカシスの葉のようで、ライム、イエローグレープフルーツ、ライチを思わせる香りがします。味わいはドライで見事に濃縮されており、グレープフルーツの皮、カシスやトマトの葉、ライム、ライチなどのとてもフルーティーで濃厚な味わいが長く続きます。DAIYAME40は、エキゾチックなフルーツやハーブ、カシスやトマトの葉のフレシュなアロマに驚かされる焼酎です。

DAIYAME 40の
ペアリングについて

デザイン

だいやめの魅力を世界中の方々に楽しんでいただくために、ボトルの形状はオーセンティックなバーシーンをイメージしたロックグラスをモチーフにしています。イメージカラーの黒は、薩摩の英雄島津義弘公が戦の時に黒い鎧に身を包み、出陣した記録があることや、黒千代香(くろぢょか)といった薩摩の歴史の中の銘品に加え、黒麹にこだわった本商品であることをイメージしました。

黒千代香
(くろぢょか)

黒麹

デザインにおいて人間が美しいと感じる比率「黄金比」を用い、ボトルの円筒形部分は、上部(プレーン):下部(カット)を 1:1.414の比率で構成しています。これは、法隆寺の金堂や五重塔等の建築物に多く用いられた日本古来の「大和比」にも由来します。
また、ボトルシルエットを「バーニッシュカット」と命名。磨きぬかれた繊細なカットを表現しています。

鹿児島の生活に根付く、
「だいやめ」文化とは。

「だいやめ」とは、『晩酌して疲れを癒す』という意味を表す鹿児島の方言。家族や友人と晩酌しながら、一日を無事に過ごせたことに感謝し、リフレッシュして明日を迎える伝統的な食習慣です。その素晴らしい生活文化を、幅広い飲み方で気軽に味わえる本格焼酎を通じて、世代や性別、国籍を超えて多くの人々に伝えていきたい。そんな思いから、商品名を「だいやめ」といたしました。

カクテル

度数を「40度」に設計することにより、DAIYAMEの最大の特長であるライチのような華やかな香りがさらに広がります。原料の特性を生かし、バーテンダー・ミクソロジストの創造性を発揮したカクテル作りに最適な酒質として仕上がっています。

cocktail 01

Supreme Fizz

シュプリームとは最高、至高という意味。ベースはクラシックのラモスジンフィズのアレンジ。

40㎖
DAIYAME 40
10㎖
サンジェルマン
30㎖
エッグホワイト
22.5㎖
フレッシュクリーム
25㎖
レモンジュース
15㎖
ユーカリシロップ
5㎖
ウベルティフォーシーブスビネガー
3drops
トークンビターズホワイトラベンダー
60㎖
ソーダ
Glass
細めのタンブラーグラス
Ice
2個
ソーダ以外をシェイクしてファインストレーナーで濾しながらグラスに注ぐ。ソーダを注いで完成。
cocktail 02

Café de Plage

カフェドプラージュ。プラージュとはフランス語で浜という意味。エスプレッソマティーニのアレンジ。

40㎖
DAIYAME 40
1個
チョコレートタブレット(アルアコ)
30㎖
エスプレッソ(ケニア)
10㎖
カカオフェルメントシロップ
Glass
カクテルグラス
Ice
なし
チョコレートタブレットを細かく切り、淹れたてのエスプレッソに入れて良く混ぜて溶かす。DAIYAME 40とカカオフェルメントシロップを加えて電動フローサーでよく撹拌する。 シェーカーに入れてよくシェイクし、ファインストレーナーで濾してグラスに注ぐ。
cocktail 03

Chest Martini

チェストは鹿児島の方言でそれ!という意味。鹿児島を代表するマティーニとして思いを込めて。

40㎖
DAIYAME 40
10㎖
グレイグース
10㎖
リレ ブラン
2㎖
マリエンホーフ ローズ
Glass
マティーニグラス
Ice
なし
テイスティンググラスに注ぎ、良く練るように混ぜる。氷を入れたミキシンググラスにDAIYAME 40を5㎖注ぎ、軽く混ぜて捨てる。注ぎ、ステアして、グラスに注ぐ。

BARTENDER SHUZO NAGUMO

南雲主于三
 1980年11月25日岡山県生まれ。
 
最先端の技術と機材を巧みに操り、既存にない新しいカクテルを生み続けている日本随一のMIXOLOSIST。1998年 池袋Bar X-Marks the spotにてバー業界に入る。都内で大小様々な店舗で勤務後、独立前の一年間と決め2006年7月に単身渡英。
ロンドンのメトロポリタンホテル内のNobu Londonで勤務。ヨーロッパをくまなく周り、2007年8月に帰国。2007年11月にXEX東京のヘッドバーテンダー就任。2009年1月にスピリッツ&シェアリング㈱を設立。代表取締役就任。現在は都内にMixology GroupのBarを運営。

詳しくはこちら

蔵元
濵田酒造について

鹿児島県いちき串木野市で1868 年に創業した当社は、現在、伝兵衛蔵・傳藏院蔵・金山蔵という3つの蔵を有し、各々の蔵が『伝統』『革新』『継承』という弊社の核となる焼酎づくりの理念を体現しています。
その中でも傳蔵院蔵では、国際衛生基準であるFSSC22000を取得し徹底した品質管理の基、日本の伝統的蒸留酒として、伝統の味を守るだけでは なく、本格焼酎の新しい可能性を探求し、日々挑戦し続けています。

環境配慮への
取り組み

傳藏院蔵では、焼酎粕をメタン発酵させてバイオガスを取り出し、ボイラーの燃料として活用。さらに家畜の飼料や堆肥の原料などにも利用しています。また、年1パーセントの省エネを実施し、LED照明の切り替えや重油からLNGへの燃料転換も積極的に行っています。さらに原料を蒸す工程では省エネ型蒸気システムを導入し、従来の4割減の低蒸気を実現。環境保全においても「革新」を目指し、今後もふるさとの未来のために取り組みを続けています。

鹿児島の焼酎と
ジオグラフィー

九州地方の南端に位置し、薩摩半島・大隅半島のふたつの半島と多くの離島を有します。気候は温帯から亜熱帯に至り、平均気温約19℃と温暖な気候に恵まれ、良質な農産物が収穫できる条件が整っています。また、県全土が火砕流堆積物に覆われ、およそ半分は火山灰のシラス台地となっており、自然ろ過装置として働き清冽された水を生み出します。このような環境下で500年にわたり蔵元が、現在まで焼酎造りに励んでいます。

薩摩焼酎は、スコッチウィスキーやボルドーワインにならび、WTOより産地指定を受けています。本格焼酎とは、500年の歴史を持つ日本固有の蒸留酒。風味の決めてとなるさつま芋、米、麦、黒糖などの原料と発酵に欠かせない微生物である酵母と麹菌を用い、単式蒸留機で蒸留される伝統的な蒸留酒です。

薩摩焼酎は、スコッチウィスキーやボルドーワインにならび、WTOより産地指定を受けています。鹿児島県内産のさつまいもと水を原料に、鹿児島県内で造られ、単式蒸留機で蒸留、瓶詰めされた本格焼酎にのみ、「薩摩焼酎」の地理的表示が許されています。