daiyame

本格芋焼酎
だいやめ

IWSC2019(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)SHOCHU部門 最高賞トロフィー受賞 IWC2020(インターナショナル スピリッツ チャレンジ)SHOCHU部門ダブルゴールド受賞

世界が認めた、
未踏の香りを。

独自の熟成法で香気を十分に引き出した
さつまいも「香熟芋」を使用。
これまでの芋焼酎では味わえなかった、
瑞々しいライチを想わせる甘い香りが膨らむ、
創業150年の技の結晶から
生まれた拘りの逸品です。
世界三大酒類コンペティションに出品し、
2019年には「IWSC」で
SHOCHU部門最高賞を受賞。
さらに2020年には、
「ISC」でダブルゴールドを受賞しました。
「ライチのような香り」は国境を越え、
世界でも高く評価されています。

Shall we DAIYAME

ライチのような
香りで乾杯!

だいやめという言葉、ご存じでしたか。
それは「晩酌して疲れを癒す」という
意味を表す鹿児島の方言です。
今日はよくやったなって日も、
思うようにいかなかった日も、
お酒を飲んで締めくくり、
リフレッシュして明日を迎える。
すてきな生活習慣だと思いませんか。
それではご一緒に、だいやめしませんか。

Shall we DAIYAME おすすめの飲み方について詳しく見る

類稀なる逸品を作った、
3人のマイスター

商品開発研究室 室長樋之口大作

いま、消費者ニーズとして、香りに対するインパクトが求められています。そこで濵田酒造が培ってきた様々な技術を駆使し、特徴ある華やかな香りと本格焼酎の上質さや豊かな味わいを併せ持った、美味さに感動する革新的な焼酎造りに挑戦しました。明治維新の如く、世の中を明るく幸せにする商品として、輝きを放ってくれることを期待しています。

商品開発研究室 主任研究員出水翔太朗

「香熟芋」とは、ライチなどの果実香や花様の香りを有する、より華やかで豊かな香気を引き出したさつま芋のことです。その特徴的な香味で一日の疲れを癒し、明日への英気を養う感動の一杯となることを期待しています。また、鹿児島の素晴らしい伝統文化である「だいやめ」を伝えていく中心的役割を担い、本格焼酎業界を活性化していきたいとも考えています。

製造部長兼ブレンド課長大園栄作

気温など環境の変化、素材のさつま芋に大きさなどの違いがある中で、丁寧に熟成処理し、香味成分を目的通りに引き出すことに細心の注意を払いました。さらに、ライチのような甘い華やかな香りを十分に表現するために、仕込み配合、使用する麹菌や酵母、発酵温度や蒸留条件を検討し、選定しました。これが最も苦心した点であり、こだわった点でもあります。

※ 2018年開発当時

鹿児島の生活に根付く、
「だいやめ」文化とは。

「だいやめ」とは、
『晩酌して疲れを癒す』という意味を
表す鹿児島の方言。
家族や友人と晩酌しながら、
一日を無事に過ごせたことに感謝し、
リフレッシュして明日を迎える
伝統的な食習慣です。
その素晴らしい生活文化を、幅広い飲み方で
気軽に味わえる本格焼酎を通じて、
世代や性別、国籍を超えて
多くの人々に伝えていきたい。
そんな思いから、商品名を
「だいやめ」といたしました。