1. トップ>
  2. 傳藏院蔵TOP>
  3. 傳藏院蔵だより>
  4. 東シナ海の夕日

傳藏院蔵だより#16

東シナ海の夕日

『海童 祝の赤』のボトルイメージにもなった絶景

2014/11/06

kiji_denzo_16_01.jpg

この立派な建物は、2014年7月20日に羽島に開館した『薩摩藩英国留学生記念館』。いちき串木野市の新たな観光スポットとして大注目されているんですが、ここは建物だけでなくロケーションも最高なんです。羽島に限らず、いちき串木野市は県内屈指の夕日スポットなんですよ。

水平線に沈む美しい夕日。『海童 祝の赤』の赤いボトルもきれいに映えますね。この美しい瞬間を見るために、いちき串木野市内ではドライブ帰りに夕日を眺めている人が多いんです。


この風景は、いちき串木野市の宝物

kiji_denzo_16_02.jpg

『海童 祝の赤』のボトルが夕焼けに溶け込んで本当にきれいですね。

kiji_denzo_16_03.jpg

夕日ってあっという間に沈んでしまうけれど、夕日が沈んだ直後の空のグラデーションがまた美しいんですよね。それはさておき、いちき串木野市が夕日スポットと言われるのは、いちき串木野市は東シナ海に面しているからなんです。

kiji_denzo_16_04.jpg

夕日スポットはいくつかあるんですが、ここはその中の一つ『串木野港灯台』。県内初の無人灯台として、昭和26年に建設されたんですよ。灯台なので、当然視界を遮るものは何もありません。だからこそ、この絶景が拝めちゃうわけです。

kiji_denzo_16_05.jpg

ちなみにこの灯台は既に廃止しているものの、今でも灯台の照射台で付近の浅瀬を照らしているのだそうです。天候が良ければ、水平線の彼方に鹿児島の離島、甑島列島を眺めることもできるとあって、ここはドライブ帰りのファミリーやカップルにも人気のスポットです。

kiji_denzo_16_06.jpg

いちき串木野市内には、他にも白浜海岸や先述の羽島など、夕日の絶景ポイントがたくさんあります。『海童 祝の赤』のボトルは、そんないちき串木野市の美しい夕日をイメージしているんです。絶景に想いを馳せながら、特別な1杯を味わってみてはいかがでしょう。



Information

薩摩藩英国留学生記念館
鹿児島県いちき串木野市羽島4930番地
TEL:0996-35-1865
営業時間:展示観覧10:00~17:00 カフェ・ライブラリー等(※季節による)
定休日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)
URLhttp://www.ssmuseum.jp/

串木野港灯台
鹿児島県いちき串木野市小瀬町101 長崎鼻公園先

 

> 傳藏院蔵だより一覧に戻る