トップ> 金山蔵TOP > 金山蔵だより > ここがスゴい!郷中教育

金山蔵だより#002

ここがスゴい!郷中教育

明治維新の薩摩藩士のスピリットも育んだ伝統的な教育活動。

2014/04/01

kinzan_kiji_02_01.jpg

ん?子どもたちがなにやら叫んでいます。「嘘を言うな!、負けるな!、弱いものいじめをするな!」。さて、コレは一体?


「知・徳・体」の調和をめざして。

kinzan_kiji_02_02.jpg

答えは「郷中教育」。子どもたちが発していたのは、その教えなんですね。郷中教育とは薩摩藩時代にはじまった青少年の教育法で、その歴史はなんと400年!しかも驚きなのは、鹿児島では現在でも郷中教育が行われてることなんです。

kinzan_kiji_02_03.jpg

次に肝心の活動内容につて。心身鍛錬のためには武道が一番!ってことで昔から行われているのが”自顕流”。自顕流というのは鹿児島に伝わる古武道で、西郷隆盛はじめ名だたる薩摩藩士もたしなんでいたものなんです。

kinzan_kiji_02_04.jpg

初太刀がすべてとされる自顕流では、常に全力で太刀を振り下ろします。稽古中も「キイエーイ!」という威勢のよいかけ声が、辺りに響き渡っていました。それにしても、いい表情。カッコイイ!

kinzan_kiji_02_05.jpg

さらに郷中教育の指導は年長者から年少者が基本。悪さをしたら愛情を持って叱ります。”地域の大人が子どもを見守り、育む”という、日本の古きよき伝統を体現しているのが郷中教育。潔く勇敢な「薩摩隼人(鹿児島出身の男性のこと)」のルーツはこんなところにあるのかもしれません。

photo_gallery

kinzan_kiji_02_pg01.jpg

kinzan_kiji_02_pg02.jpg

kinzan_kiji_02_pg03.jpg

kinzan_kiji_02_pg04.jpg

kinzan_kiji_02_pg05.jpg

kinzan_kiji_02_pg06.jpg

kinzan_kiji_02_pg07.jpg

> 金山蔵だより一覧に戻る

Copyright © 2018 hamadasyuzou
ALL Rights Reserved.