1. トップ>
  2. 傳藏院蔵TOP>
  3. Kaido Ocean Children>
  4. No.132 村松 由紀夫さん
    緒形 清 さん

Kaido Ocean Children 132

「海童は口当たりがよくて、水みたいにぐいぐい飲んじゃいますね(笑)」(松村さん)
「斬新な赤いボトルもいいですね」(緒形さん)

【サーフィン」という共通言語と、手から手へのつながりを大切に。】

村松 由紀夫 さん 緒形 清 さん

ネット時代に、あえてネット販売に参入しないウエットスーツブランドがある。「ウエットスーツの適性は、地域によっても個人レベルによっても異なり、その土地にあるサーフショップで相談して選んだほうがいい」というのが理由。

ユーザーのことを丁寧に考え、「Hand to Hand」を合い言葉に、一見、時代に逆行するような販売方法が波に乗っている。「the RLM Rubber」,「4 demention」を扱う会社、Three OCEANの社長の村松由起夫さんは、ウエットスーツ業界で30年以上のキャリアを経て、3年前に会社を創立。現在は、家族のような6人のスタッフと共に、この業界をリードするひとつの動きを生み出している。

千葉出身で、宮崎に拠点を置き、西日本各地のショップを営業で飛び回る緒形清さん。それぞれの土地の人と一緒に波乗りをし、夜は酒を飲み交わし、人と人とのつながりの中から、ウエットスーツに求められるものを知り、新しいアイデアも生まれてくるという。実は、この会社の工場は2013年の震災で大きな被害を受けた石巻にある。メインの工場が全壊という苦境から、立て直し今に至った。サーフィンという共通言語をもつ多くの人々の援助に、とても感謝していると言う。

サーフィンとは?という質問に、それぞれにふと考えを巡らした後、口々に「人生」だと答える。この日二人は、鹿児島のサーフレジェンド、シェーパーの「エビスさん」こと後夷義弘さんを訪ね、いちき串木野のビーチにいた。いい波に乗った大満足の笑顔。焼酎『海童』の本拠地で、夜を飲み明かし、サーフィン談義に盛り上がったのだろう。